リフォーム屋根板金

 

瓦葺き替え工事(ガルバリウム鋼板タテヒラルーフ)


工事前の状態です。某ハウスメーカーのお家で、瓦は薄型スレート(コロニアル・カラーベスト)でしたが、20年前にセキスイかわらU(軽量波型スレート)を重ね張りで施工していました。

CIMG1147.JPG


表面の塗膜も破れてます。割れている瓦もあります。

DSCN1815.JPG

今回は全部メクリます。

P1050531.JPG

下地のルーフィング(防水シート)もボロボロです。手で簡単に破れます。これでは雨漏りしますね。

 

P1050528.JPG

この赤いスレート瓦とその下のルーフィング(防水シート)までメクリます。

 

DSCN1960.JPG

 廃材・ゴミは分別します。


DSCN1958.JPG

廃棄ルーフィングも仕分けします。


DSCN1963.JPG

合板をはっていきます。


DSCN1968.JPG

ルーフィング(防水シート)はLEVO1を使います。メッチャ頑丈でこれをはると雨漏りも心配しなくていいです。


DSCN1973.JPG

このルーフィングのうえに今回はガルバリウム鋼板の屋根材を葺きます。


DSCN1969.JPG

施主さま宅の屋根勾配(傾斜)を考えると”コロニアルやセキスイかわらU”などは向いてないので、今回はタテヒラルーフを提案させていただきました。


DSCN2084.JPG

仕上がりはこんな感じです。

DSCN1991.JPG

かんせいです。もちろん、すべて自社施工(当社の職人)です。



薄型スレートカバー工法(ガルバリウム鋼板)

薄型スレート(カラーベスト)のカバー工法です。

アポロ前1.jpg

工事前です。

屋根カラーベストはそのままで、棟などの板金を撤去後にルーフィング(防水シート)を施工します。その後、金属ルーフを葺くという作業です。


アポロ後2.jpg

完成写真です。(アポロルーフ)


別物件です、アポロルーフ工事前です。

2アポロ前.JPG

カラーベストは剥がさずに棟などの板金を撤去します。


アポロ工事中.JPG

グリーンのシートが防水シート(ルーフィング)です。


アポロ完成.JPG

完成写真です。雪止めと棟板金は新設します。

 

 

カバールーフ(その他)

ガルテクト(アイジー工業)

ガルテクト前1.JPG

工事前です。


ガルテクト.JPG

工事後です。



横暖ルーフ(ニチハ)

前山本さま 横暖.JPG

工事前です。


山本さま 横暖.JPG

横暖ルーフ工事後です。

 

お問合せ写真.jpg

0120-40-5557 

  受付8:00〜19:30月曜定休日     

▲このページのトップに戻る