お家のデザイン変えませんか?

大切なお住まいへの塗り替えは建物を守る事もできますが、お住まいの外観も変えることができます。

塗装工事で選べる色は600色以上あります。(一部の塗料を除く)

 

IMG_2415.JPG

色には不思議な力があります。

同じデザインのお家でも配色の仕方で印象が変わります。

そして塗り替えは、好みのスタイルに自由にデザインできます。

 

ここでは、弊社の塗替え事例を紹介しますので是非お役立て下さい。

 

 

 

色の配置を変えたパターン

ツートーン縦配色

CIMG0723.JPG

塗装工事前の写真です。

1階がグレー色、2階が白っぽいグレー色です。屋根・幕板は黒です。

やじるし新.jpg

CIMG0932.JPG

塗装工事後の写真です。

ベースを以前より明るい白色(N−85)、玄関から2階にかけての入隅をアクセント色で濃いグレー色(N−30)にしました。

近年、新築物件でよく採用される、『ツートーン縦配色』です。

ポイントは比較的低彩度で、明度差のある2色をベースカラーにすることで、メリハリの効いた印象に仕上がります。

森本さんup.JPG

近くで見た写真です。

軒裏の色をあえて黒で塗っています、メインの白い外壁が引き立つようにしています。

逆に玄関の軒裏を白で塗っているのは、玄関廻りの濃いグレー色が引き立つようにです。

 

 

弊社では色の選択・配色をカラーシュミレーションなどでお客様に提案します。

下のカラーシュミレーション画像をご覧ください。

プラン1.png

プラン2.png

プラン4.png

プラン5.png

いろんなプランを提案させていただいて、最終的には、この4枚のプランなかでプラン2が採用されました!!

 

 

 

 

『ツートーン縦配色』のその他の事例です。

原谷さん前.JPG

塗装工事前の写真です。

塗り替え前の外壁サイディングの色はグレー色です。

やじるし新.jpg

はらやさん後.JPG

塗装工事後の写真です。

ベースは明るいベージュ色(22−70C)、向かって右側のアクセント色は濃い茶色(19−30B)にしました。明るさの違う2色をつかってスッキリした今風のデザインになりました。

 

 

違う角度からみると、
はらやさんあと2.JPG

右側面方向からみた写真です。

2階建て部分を明るい色、1階建て部分を濃い茶色で仕上げています。

この角度で見ると上下の配色も違うので、また印象も変わりますね。

 

 

 

次の事例です。

高見さん前2.JPG

塗装工事前の写真です。

外壁は単色で薄い茶色とグレーの混ざったような色です。

外壁に出隅と入隅が多いので、2トーンの色分けに出隅・入隅を使いました。

やじるし新3.jpg

高見さん2.JPG

塗装工事完成写真です。

玄関廻りやベランダ内部などを明るい色で、メインは濃いブルー系で濃淡のメリハリをつけました。



 

 

次の事例です。

山口さん塗装前.JPG

塗装工事前の写真です。

塗り替え前は、タイル調サイディングの色に合わせて濃いアイボリー色の外壁でした。

全体的に同系色です。

やじるし新.jpg山口さん後1.JPG

塗装工事後の写真です。

タイルサイディングはクリヤー塗装です。

玄関左の入隅から後ろは、白っぽい色(22−90B)にしました。

正面玄関廻りは以前より濃い色(22−50F)でタイルにも合う配色で塗りました。

写真でわかるように、窓枠・玄関扉・手摺りなどのアルミが白なので、アクセント色のような濃い色と、とても相性がいいと思います。

後ろ側の白い外壁もアルミ色と同色なので、バランスの取れた配色だと思います。

 

 

 

次の事例です。

新出さん塗る前.JPG

塗装工事前の写真です。

薄い茶色の外壁色です。

やじるし新.jpg新出さん後.JPG

塗装工事後の写真です。

正面部分の入隅で色分けしました。

メインは以前より白く塗り、アクセント色は濃いグレーで塗りました。

明度差のある2色で塗り分ける、定番のデザインです。

色の納まりもよく、とても良く似合っています。

 

 

 

 

色の配色を変えたパターン

ツートーン横配色

河崎.JPG

塗装工事前の写真です。

やじるし新3.jpg

河崎 完成.JPG

塗装工事後の写真です。

上下の配色の濃淡をくっきりと色分けしました。

屋根塗装色が薄いグレー(断熱塗装ガイナ)なので、屋根軒裏色を濃いグレーにしています。

2階外壁色との見切りラインがはっきりとしてキレイです。

黒いアルミサッシと雨樋なので、モノトーン配色はとてもスタイリッシュです。



次の事例です。

横配色 前2.jpg

塗装工事前の写真です。

やじるし新.jpg

横配色 後.JPG

塗装工事後の写真です。

1階部分はイエローにイメージチェンジしました。

色は全体で3色でまとめています。(白・黒・黄色)

4色以上のカラーリングになると、全体の雰囲気がまとまらないことがあります。

軒裏が黒色なので、建物が引き締まって見えます。

『ツートーン横配色』は濃いめの色彩を建物上階に配色すると洒落た雰囲気に、濃いめの色彩を建物下階に配色すると安定感のある落ち着いた印象になります。

 

 

次の事例です。

ツートーン前.JPG

塗装工事前の写真です。

上下ツートーンでの配色が似合いそうですが、付け柱・幕板などのアクセント部材がデザインのポイントになりそうです。

やじるし新.jpg

ツートーンあと.JPG

塗装工事後の写真です。

1階は濃い目のブラウン、2階は、ほんのりグリーンがかったベージュ色です。

雨樋・破風板・鼻隠し(屋根の縁のライン)、幕板・付け柱(外壁の縦横の柱)を黒色で仕上げています。

塗装前の写真とくらべて、色の境目の縁取りがくっきりしてキレイに仕上りました。

 

 

 

 

次の事例です。

岩戸さん前3.JPG

塗装工事前の写真です。(外壁:レンガ色、屋根:グリーン)

こちらはタイル柄のサイディングボードの塗替え(タイル柄を塗りつぶし)です。

近年のサイディングボードは多彩色や凹凸のあるタイプが増えています。

外壁の色褪せなどで、上から色を塗りつぶす例も少なくありません。

 

岩戸さん前2.jpg

塗装工事前の外壁の拡大写真です。(レンガ色のタイルとグレー色の目地)

やじるし新.jpg


CIMG0367.JPG

塗装工事後の写真です。

1階は少し青いグレー色、2階は白色、屋根は遮熱塗料で明るいグレー色です。

 

岩戸5.JPG

1階と2階の色分けは写真のようにタイル目地で色分けしています。

 

岩戸7.JPG

屋根遮熱塗装(サーモアイ)の色はクールライトグレーという明るいグレー色です。

 

CIMG0365.JPG

塗装工事後のお家の全景です。

1階を濃いめの色で、2階壁色と屋根色を明るい色(白っぽい)にすることで、建物上部が軽くなり下回りに重みが出て、安定感が増しました。

 

 

 

次の事例です。

藤澤前.JPG

塗装工事前の写真です。

外壁サイディングボードの色は明るい茶系です。

破風板も外壁と同色でした。

やじるし新2.jpg

藤澤.JPG
塗装工事完成写真です。

上下の配色で濃い目の配色を上階に使いましたので、新鮮で洒落た雰囲気に仕上がりました。

破風板も屋根色で合わせています。

色の境目はサイディングボードの継ぎ目を利用して色分けしています。

 

 

 

次の事例です。

川崎さん塗装前1.JPG

塗装工事前です。

正面の下屋根と側面の幕板を利用して上下の配色で塗ります。

やじるし新2.jpg

川崎さん塗装完成1.JPG

こちらも上階に濃い色を使ったパターンです。

2階の外壁の色は黒っぽいグレーですが、屋根の色よりは少し明るいです。

アルミサッシの色(シルバー)なども2階色を引き立たせているポイントです。



 

色で建物の印象を変えたパターン

使う色で建物の印象はかわりますが、派手な色などはお家によってはミスマッチのケースもあります。

お家の形状・アルミ建具(窓枠・玄関)の色で合わせるとわかりやすいです。

こちらの事例をご覧ください。

IMG_2776.JPG

塗装工事前の写真です。

横張りのサイディングボードの洋風デザインのお家です。

やじるし新2.jpg

宮師完成1.JPG

塗装工事完成写真です。

少し濃いめのネイビー色で塗りました。

雨樋・窓枠などの白色が一層引き立って、ネイビー色と相性抜群です。

 

 


次の事例です。

関戸さん塗装前1.JPG

塗装工事前の写真です。

茶系のサイディングボードに幕板・付け柱がポイントのお家です。

やじるし新2.jpg

関戸さん塗装完成1.JPG

塗装工事完成写真です。

明るいイエロー系の壁色に塗り替えました。

屋根・アルミ窓枠・玄関扉・幕板・付け柱などが黒系なので、イエローと黒系の2色にまとめました。

軒裏の色も黒系で塗り、バランスよく納まりました。

 

 

 

 

次の事例です。

真田さま塗装前1.JPG

塗装工事前の写真です。

赤い壁がポイントのお家です。

柄の異なる外壁材を使用していますので、色分けは元のままで塗った方がよさそうです。

塗装の色でイメージを変えようという事になりました。

やじるし新2.jpg真田さま塗装完成1.JPG

外壁はシックなモノトーン調でスタイリッシュに仕上げました。

ポイントの赤は屋根と樋に使いました。

軒裏は黒い壁は白(手前)、白い壁(後ろ)は黒と塗り分けています。

 

 

 

次の事例です。

八軒さん塗装前1.JPG

塗装工事前の写真です。

とても大きくて重厚感のある某メーカーのお家です。

明るい感じの、洒落た家にするという施主さまからの要望に応えさせていただきました。

やじるし新2.jpg

八軒さん塗装後.JPG

塗装工事完成写真です。

ミント系の壁色で雨樋・雨戸などを白く塗り替えました。

 

 

 

次の事例です。

藤野完成7.JPG

塗装工事前の写真です。

淡いブラウン系の外壁と黒いスレート屋根のお家です。

明るい色に塗り替えたいという施主さまのご要望です。

やじるし新3.jpg

藤野完成.JPG

屋根は遮熱塗料サーモアイのクールオレンジエローという色です。

この屋根の色をベースに施主さまと相談して配色しました。

全体の色が同系色なので見た目も、まとまっています。

(屋根を黒系などにすると外壁の色の発色が目立ちすぎます)

雨樋・幕板などの色もアクセントになっています。

 



 

お問合せ写真.jpg

0120-40-5557 

  受付8:00〜19:30月曜定休日     

▲このページのトップに戻る