アパート・マンションの塗装をお考えのオーナー様へ

マンション・アパート・ビルなどの塗装工事はただ外観がキレイになるだけではありません。


戸建住宅の塗装と違い、マンション・アパート・ビルは塗装工事による効果が沢山あります。


塗替えで外観の再生(リフレッシュ)をすることで空室状態の期間を

短くし、稼働率をあげることもできます。


築後10年〜15年経過してくると物件の競争力も落ちてきます。

その時期が建物のお手入れのタイミングとなり、建物の塗替えで家賃を下げずに資産価値を維持することもできます。


馬ビル前.jpg外壁塗装工事前です。

やじるし.jpg

馬ビル後.jpg

外壁塗装工事後です。

上の写真のように外壁塗装は建物のイメージ変えることもできます。

テナントの入居率UPも期待できます。


工程は外壁高圧洗浄後→外壁下地補修→ALC目地シーリング工事→下塗り→上塗り2回です。

塗料は水性シリコン塗装です。(手塗りローラー仕上げ)


もちろん、見た目だけの工事が目的ではありませんので

見えない所も改修工事をします。

下の写真をご覧ください。


旧防水.JPG屋上防水工事前です。

やじるし.jpg

DSCN5880.JPG

屋上防水工事後です。


上の写真のようにこのビルは外壁塗装と一緒に屋上防水工事もしました。


ビルの美観UPも大事ですが、老朽化をシャットアウトするのが

この工事の本来の目的です。


笠木6.JPG屋上(鉄製)笠木工事前です。

やじるし.jpg

笠木5.JPG

笠木(アルミ製)工事後です。

上の写真のように笠木も交換(鉄→アルミ)しました。


こちらのビルは屋上に塔屋がなく、今後屋上に上がるには足場を組むしか方法がありませんので腐食に強いアルミ笠木を取り付けました。




アパート.JPG

上の写真のアパートは外壁塗装工事・屋根金属ルーフ工事をしました。

(完成写真です)

外壁窯業サイディングボードにはクリヤー塗装(UVプロテクト)を塗りました。


薄型スレート屋根(カラーベスト)は劣化が酷く、塗装できないと判断し金属ルーフ(ガルバリウム鋼板)を葺きました。

(ここでは金属ルーフ施工の説明は省略します。金属ルーフについてはリフォーム屋根板金のページをご覧ください)



クリヤーアパート.JPG外壁サイディングボード、クリヤー塗装前の状態です。

まだ日焼け・チョーキング(粉が手に付く)が出ていない状態なので、

このタイル調デザインを残すクリヤー塗装を提案しました。

(日焼け・チョーキングがあるとデザインを塗りつぶす方法しかありません。)

やじるし.jpg

kuriya-.JPGクリヤー塗装後の写真です。

少し色も濃くなりました。艶もでて美観的にもキレイです。

今後は外壁が色褪せしにくいのはモチロン、汚れにくい外壁にもなります。


工程は外壁洗浄後→クリヤー塗装2回塗り(手塗り仕上げ)です。

目地などのシーリングはクリヤー塗装後に行います。




下の写真はRC造のマンションの外壁塗装工事です。

サンヒル前 1.JPG外壁塗装工事前です。


外壁・鉄部・樋などをシリコン塗装で仕上げました。

集合住宅の工事になりますと請負業者と施主様だけじゃなく、

入居者さまへのフォローも大事です。


着工前の挨拶まわり、ベランダ部分の塗装日程のお知らせ、玄関ドア塗装日程のお知らせなどの連絡を入居者さまへその都度ご連絡し、入居者様のご都合を聞きながら作業工程を進めていきます。

やじるし.jpg

サンヒル後4.JPG塗装工事後です。

足場撤去後は掃除の抜けているところがないか再度チェックします。

最後に工事中設置を依頼した、電線の保護カバーの撤去を電力会社へ連絡し完工です。




下の写真は鉄骨ALC造マンションの外壁・屋根塗装工事です。

ごとうまえ.JPG

塗装工事前の写真です。

外壁ALC目地シーリングとシリコン塗装を塗りました。屋根スレート瓦はシリコン塗装で仕上げました。


オーナーさまのご希望で外観デザインもイメージチェンジしました。

やじるし2 (2).jpgごとう2.JPG

塗装工事後の写真です。

色を変えるだけで、かなりスタイリッシュな外観に変わりました。

敷地内の木も伐採しましたので、スッキリしました。

外壁に塗布したシリコン塗装は親水性(雨で汚れが流れる)のある塗膜で超低汚染タイプのシリコン塗料を使用しました。

 

 

 

IMG_1230.JPG

同マンション屋根塗装工事前の写真です。

やじるし2 (2).jpg

ごとう.JPG

屋根塗装工事後の写真です。

スレート瓦は高圧洗浄後、下塗りを2回塗り、上塗りシリコン塗装を2回、計4回塗りで仕上げました。




次はRC造のマンションです。

磁器タイル面・吹付塗装面の外壁塗装工事です。

IMG_2585.JPG

上の写真は塗装工事完成後の写真です。(共用廊下部分)



IMG_2591.JPG

上の写真は外壁タイル部分の磁器タイル用クリヤー塗装です。

タイル面に汚れが付着しにくくなるのと、タイル目地の痩せ・欠落防止です。

写真中央の伸縮目地はシーリング打ち替えです。

タイル面の伸縮目地はRCの躯体まで深く溝があり、外壁タイルのクラック防止の役割になってます。(目地のシリコンが緩衝材の役目)

目地シリコンが痩せて硬化したり、亀裂が入ると緩衝材として機能しなくなります。



エウカリス7.JPG 

こちらはタイル面にクラック(ひび割れ)が入っていた為、エポキシ注入でクラックを補修している写真です。



エウカリス.JPG 

こちらは外壁吹付面の伸縮目地シーリング作業です。



エウカリス10.JPG 

こちらもシーリング工事の写真です。(アルミ手摺りまわり)


 

IMG_2588.JPG

完成全体図です。

 

 

 

 

 

 


CIMG0466.JPGこちらはメーカーの建物診断報告書です。

外壁塗装のお見積りの際は塗料メーカーの調査・診断も無料で行います。

塗料メーカーの判断によるベストな改修プランを提案させていただきます。

お見積もり書に添えて報告書もお渡しします。(すべて無料で行っています)



 

お問合せ写真.jpg

0120-40-5557 

  受付8:00〜19:30月曜定休日     

▲このページのトップに戻る